犬山紙子のイラストエッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 謎のK君 〜K君の秘密の宝物〜

<<   作成日時 : 2009/09/01 23:19   >>

驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

私の知り合いの中で一番謎なK君のお話

http://corokkecorokke.at.webry.info/200908/article_15.html


今日はK君の宝物のお話。


K君、高校1年生、ある秋の日のこと。
K君たちは授業の一環でクラスメイトたちと一緒に外へ出かけた。


画像

ゾロゾロ列になって土手を学ラン姿の高校生たちが歩いている。
金八みたいな光景。
超ほほえましいじゃないか。

K君もおとなしくニヤニヤしながら歩いていた。


しかし、


川原の草むらにさしかかった瞬間



K君が、




















走り出した!


唖然としているクラスメイトそっちのけで
草むらの中へ走ってゆくK君。


そしてある地点まで走ると、必死に何かを掘り起こしている様子。
その顔は普段のニヤニヤではなく、思いつめたような表情だったそうだ。

そして、掘り起こしたものを抱えてK君がヒョッコリ顔を出した。

何を抱えていたのか?























画像


犬の死体である。


K君は草むらに犬の死体を隠していたのだ。

これがK君の宝物である。

N君がK君と一緒に下校していたとき(もちろん無言)
犬の死体をここで見つけたらしい。
するとK君は土や草を上にかけて、見つからないようにして立ち去った。

その後もちょくちょくこの草むらにきていたそうだ。



で、その犬の死体を抱えたK君が



















画像


川にザブンと犬の死体を投げた。










そして





































画像


叫んだ。


叫んだぐらいで何を、と思っているそこのアナタ、
もう一度前の記事を読んで欲しい!!!!!!!

K君は靭帯を切っても叫ぶどころか無言でニヤニヤしていた男ですよ!
普段も一言も話さない、そんな男ですよ!





「みんな石を投げろ!」

それはものすごいカリスマ性だったらしい。






わけもわからず、でも、そうしなければいけないと思った学ラン集団。
みんな川原で石を広い、水に流れる犬の死体にむけて石を投げたそうだ。


金八みたいなほほえましい光景から
不条理な光景に一転。

石を投げる少年たちは何を思っていたのだろうか。
そもそもK君は何を思ったのだろうか。

ただ、残虐な気持ではなかったという。




そしてそのままK君は一人でどこかに行ってしまった。








後にも先にもこれがK君が叫んだ唯一の出来事だったという。
やっぱり私にはK君の心情がまったく理解できない。

なんども足を運び大切にしていた犬の死体。
自分の大切なものをクラスメイトに見つけられて玩具にされるくらいなら
自分からそうしてしまったほうがよかったのか。

やはり凡人の私にはK君の気持などわからないのです。












けれど
理解できない人ほど魅力的に見えてしまうのも事実。

ああ、K君が何を考えているのか知りたいぞ!


K君がどのような一生をとげるの、非常に興味があるぞ!





ちなみに
意外かもしれませんが、K君は愛犬家です。
N君がK君の家に行くとこんな格好で出迎えてくれたらしい。
画像




で、名前を聞くと
「フクダソー」
という答えが返ってきたそう。
(必要最低限の質問への答えは話すらしい)

















謎である。


K君に関してはまだまだ書きたいことがあるのでそのうちまた書かせていただきます!



屯田兵シールファンの皆様こんにちは。
こちら新作になります。

画像


む?
何かが違うぞ?



石田衣良・・・・?

画像


そしてこちらは完璧な石田衣良。
いいシールだ。
ケケケ。




ビール片手に犬なでる。
ああ、幸せ。
最近ビールの味を覚えたのです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
驚いた 驚いた 驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
やっぱり…K君ただものじゃないですね
なんていうか、そんなひと 見たことがない…
あい
2009/09/02 16:05
K君…
瞳孔が開きっぱなしですね。
マイミクになりたいです。

フクダソー
2009/09/02 17:20
あいさん
最近、K君が目茶目茶頭のよい人だという情報もゲットしました。
神童だったもよう!

フクダソーさん
彼とマイミクになれても心のマイミクには何年たっても私には無理なのです。
ファラオ
2009/09/02 21:52
謎のK君 〜K君の秘密の宝物〜 犬山紙子のイラストエッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる