犬山紙子のイラストエッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の黒歴史

<<   作成日時 : 2009/10/17 00:39   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

普段、このブログで、人のことを笑ったり、バカにしたりする私ですが
・・・・・・・・・

私だって似たようなものなのです。

相手の痛い行動の気持がわかるからこそ、
ああいう記事をかいてしまうのです。

人のことばかり悪く描くのはフェアじゃないですからね、

ここらで私の黒歴史をさらしておきます。


もう、10年以上たったことだし、そろそろ・・・・・・・・・・



エー、
ワタクシ
高校1年生のときですね
文学少女を気取って、





























友達3人と同人誌をつくっておりました・・・・。

当時、学校でならった白樺派に憧れまして、
それぞれ短編小説を書いて、ホッチキスでとめて、「きのこ」なんて名前でね・・・・・・・・・
2回。
同人誌と言っても売ったりしなかったんですが・・・・・。


描いていたんですよ・・・・・・・・・・・・・・・。


白樺派に憧れたとか言ってるけど、
文学少女気取っているだけだから、
実際は白樺派出身の人の作品なんて、
有島武郎の小説を少し読んだことがある、とかその程度ですよ。



知識もクソもない16歳のバカが、

ただ、単純に純文学という名に憧れて
それっぽいことをしたかっただけ。

でも、ちょうどこの自意識過剰な年代だから、
おんなじような調子の仲間が3人できまして
それで調子こいて同人誌を作ったのです。



メンバーは
メガネのまじめなAちゃんと
学校一のとびっきり美少女Nちゃんと
ファンタジー、ジブリ大好きYちゃんと
私。





まじめなAちゃんは、その時の気持をそのまま書いた散文詩。
これは私のうすっぺらな格好だけの小説に比べて素晴らしかった。
まじめな自分と、ルーズソックスをはいた女子高生との対比をかいているんだけど

「今の時代、ルーズソックスをはいてギャルをやっているほうが、かしこいのかもしれない。でも、私はそうなりたくてもなれない。」

と言ったような内容で、すごいリアルだった。
あと、情景を描くのがうまくて
「夕暮れ時に犬が坂を駆け下りる」
というただそれだけの出来事も、彼女が書けば妙に哀愁漂う良い文章だった。



美少女Kちゃんは宮沢賢治に魂ささげているような女の子だったから、
双子の星の物語を書いていた。
美しい光を放つ星と、醜い光しか放てない星の双子の話。
これは自らが美しいからかける文章で、美しいものの悲しみ、みたいなものがあふれていて
彼女にしかかけない文章だったから、とても興味深く読めた。

あと、長野まゆみの影響も受けていた。
長野まゆみが好きということは腐女子だったのかもしれない。




ジブリ好きのYちゃんはファンタジー小説。
挿絵もジブリ風。
ファンタジーにうとい私にはなんとも評価できません。

ただ、美少女Kちゃんにコッソリもののけ姫のコスプレをさせて写真をとりまくっていた。
そして・・・・・・・・・・・・
1年後彼氏ができた彼女は(顔は相当かわいらしかった)
金髪にして、セックスのことしか話さなくなってしまった。
ファンタジーには、もう何の興味もなさそうだったのを覚えている。

“女”というものを一番みせつけてくれたのが彼女である。




で、私ですよね・・・・・・・・・。
もう、この4人の中で一番くだらないです。
一番格好つけで、一番中身も思想もない文章を書いていたのが私。

書きたいから書くんじゃなくて
文学を書いている自分に酔いたいから書く。

そーいう感じ。

ああああああああああ!!!!!!!!!


今、部屋から探してきたのですが、
恥ずかしいとかそういうレベルを超えている。
まじで、私、これさらすの?
正気??????????


まず一つ目のやつ・・・・・・・・
タイトル
「幸せな高校生の考え」


・・・・・・・・・・・・・
せっこいわ〜
幸せで、高校生だから、描いてること甘くても許しておくれ〜

という当時の私のせこーい考えがひしひしと伝わってくる。

反論されても、
いや、これ高校生の考えだし、
みたいな・・・・・

そもそも誰も反論なんかしないよ、16歳の純子ちゃん。

む?
他の子のも結構ひどいじゃねえの?
よし!
次回私の黒歴史&他の子たちの黒歴史を暴いちゃえ!!!!!!!!!!!!!


逃げたらゴメン★



きのこの表紙。



画像



2冊目の表紙は私の妙なイラスト。
いったい何考えてたんだ?
しかもメモしてるし・・・・・・・・・。
画像




この表紙をさらすだけでも、そうとうはずかしい私の気持、察してやってください。


同人誌つながりで。
八犬伝という同人誌を作っていた仲間、犬一君が個展をやります。
以下詳細

妖怪絵師 犬一1st Exhibition <DOG SHOW 2009>
@SIXTY-NINE FACTORY a.k.a.KENTA SALON
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=47157421&comm_id=4606874

期間:10/16(金)〜10/25(日)
時間:12:00〜18:00
場所:渋谷区初台2-10-15-302
休み:10/21(水)

場所は初台駅から徒歩五分、代々木八幡から十分程。
マンションの一室なので解り難いかもしれないけど、
連絡をいただければ最寄り駅まで迎えに上がります。

ちなみに17(土)にオープニングパーティー、
24(土)にクロージングパーティーをやる予定なんですが、
週末なら人が集まればいつでも会を催そうかなと思っております。
私の友人は奇人変人が多いのでレアなポケモン集めには最適だと思います。


彼は犬の絵から妖怪、仏、なんでも独特のタッチで素晴らしい絵を描くので、
個人的にもかなりオススメです。

以下彼の作品サンプル
画像
画像
画像
画像

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
私の黒歴史 犬山紙子のイラストエッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる