犬山紙子のイラストエッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 私がウンコウンコ言うようになったわけ。

<<   作成日時 : 2010/10/23 22:18   >>

面白い ブログ気持玉 27 / トラックバック 0 / コメント 9


今日は私の小さきころの話でもいたします。




画像

あれは小学3年生のころ。

毎週、宿題で作文を書かなきゃいけなかった。
小学生のころクソまじめだった私は、はじめその作文をまじめに書いていた。

まじめに読んだ本の感想とか、家族のことなどを書いては提出。


で、学年の中でも良い作文は毎週各家に配られるお便りに掲載されるのである。



しかしながら、私の作文は一向にのらない。
2、3ヶ月たってもぜんぜんのらなかった。

毎週配られるプリントに2つずつ作文が掲載されているから、もう20人くらいは乗ってるのに。




お便りに掲載されやすそうな、先生が好きそうな家族との絆、みたいな話を書いてものらないのだ。
(いやらしい子供である)

そしてずっとお便りに掲載されないものだから、
なんだ、まじめに書いてるのに全然のらないじゃないか、チクショーと私は思い、




「どうせ乗らないんだったら適当に書いてやる」
と思うようになった。


そこで私が適当に書いたのが、

熱帯魚ブームの当時、家にも熱帯魚がいたのだが、
その中でも地味なタナゴを私は愛しており
(これはその後の私の男性の好みそのものをあらわしているな・・・・・)

そのタナゴの糞の話を書いたのだ。




確か、その内容は

熱帯魚の水槽を掃除すると、タナゴのウンチ水が顔にかかって汚い


とかそういうのだったはずだ。

学校の作文にウンチって5回も書いたーー!!

と、作文にウンチと書けることが楽しくてゲラゲラ笑いながら書いたのを覚えている。

すると・・・


なんとその作文が掲載されたのである。
まあ、先生からしたら子供の等身大のかわいらしい作文に見えたのでしょう。





画像

「やった!のった!」
と喜び、そして

「なーんだ、ウンコとか書けばのるんじゃん」
と思った私。


そこからは調子をこいてウンコの話ばっかり作文に書いて提出するようになったのである。



自分が3歳のころ、弟のころころしたウンコをチョコスナックと勘違いして口に入れた話や

お父さんのウンコした後のトイレが熱烈にくさい話など。



しかし、今となってはウンコの話なんかいくらでもあるけど、
小学3年生がウンコのネタなんかそうそう持っているわけもない。


私はそのうち、でっちあげて作文を書くようになったのである。



まあ、しかしそんな作文は掲載されるわけも無い。


それどころか、帰ってきた作文に、
「毎回ウンチの話ばかりですね」
と赤ペンで書かれる始末。


でも、これは私を余計喜ばせた。

普段あんな真面目な先生がウンコって書いたーーーーー!!
と。

もうこの時すでに、お便りに作文が掲載されることなんかどうでも良くなっていて、
単純に作文にウンコと書きたくてしょうがないだけになっていたのだ。


真面目な学校のお勉強に、ウンコとかシッコとかを書いておちょくる、ということに快感を覚えてしまったのである。










そして、この私のお勉強ウンコテロは作文だけにとどまらず、
テストの解答にまで及んだのだ。


算数のテストで、答えが、3こ
とかになるとき

うん

みたいにこの前にちっちゃくうんを書き足したりした。





画像

テストに人のイラストがついていたら、頭に全部ウンコをのせたのだ。


そしてテストが帰ってきたら、友達にそれをこっそり見せて思いっきり笑っていたのだ。


でもまだ先生には怒られなかった。
授業態度もいいし、テストも問題に答えるのはちゃんと真面目にやってたからね。

しかし・・・・・・・・・








弟が(小学1年生)全校生徒の学芸会でクラスのみんなで歌を歌うことになり、
その歌が雪だるまの歌かなんかで、
みんな自分で作った紙の雪だるまの絵を持って歌うことになったのだ。



絵が苦手な弟は



画像

「純姉ちゃん、雪だるまの絵を描いて」
とせがんだ。

めんどくせーと思いながらもやさしい私は書いてあげることにした。

でも私が雪だるまを書こうとしてるのに弟、近所の子供と遊びにでかけたのだ。


























そのとき私は思いついたのだ。
弟のいない隙に雪だるまの顔をウンコにしてやれと。


きっと弟の友達もそのウンコを見て超笑って弟は人気者になるだろうと。




画像

そこで私はせっせと雪だるまにウンコの顔をほどこし、
雪だるまならぬ、糞だるまを作り上げた。(バカサイの4こまコーナーにそんなペンネームの人いたな・・・)





画像

そしてそっと弟のランドセルに忍ばせた。



「雪だるま書いてランドセルに入れといたからー」


弟も「ありがとう」と言って、次の日その雪だるまをもって登校。
そして学芸会がスタート。






画像

小学1年生のかわいらしいちびっ子たちが雪だるまを持って登場。

しかし・・・・・

弟の周りの様子がおかしい。
「お前の雪だるまちゃうやん!ウンコやん!」
弟の周りの生徒が囃し立てる



























画像

すると弟、ギャン泣き。

先生が出てきて弟を抱きかかえ、弟不在でかわいいお歌がスタートしたのだ。


このとき、ちょっと
「こりゃやばいことをしたのかな・・・・・」
とあせった。

























画像

放課後、自分の担任と弟の担任にみっちりしぼられ、

「もうウンコは書きません」
と反省させられ、
























画像


その晩お母さんにどえらい怒られたのだ・・・・・・・・・・。
弟は私のことシカトするし。



それ以降、私はウンコと言うことを禁じられ、ずっとお上品に真面目に暮らすことになったのである。



























まあ、その押さえつけられた反動で大人となった今、また必要以上にウンコウンコ言う女になってしまったわけですが。


だから、今私がお下品なのは、

ウンコの作文をお便りに掲載した先生のせいだし、
怒りまくった先生と親のせいなのだ。

私のせいじゃない。
しょうがないんである。

しょうがなしに、しょうがない大人になってしまったのだ。


























画像


ウンコ。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 27
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
そしてこの顔である↑ ですね!
気持ち良いくらいに下卑てる〜♪
大人になった今、うんこの呪縛から
解き放たれて存分に輝いて下さい!
しかし何もそんなに怒らんでも…
B珍
2010/10/23 22:32
今回は大爆笑。
芸人のネタ並みに面白いです。
しかもこれが実話だから。

これも紙芝居でやったら超ウケそう。
文も絵も話も、どんどんスケールアップしてきてます。
異人
2010/10/23 23:13
突然お邪魔します 
すごい楽しく読ませて頂きました 
私は酔ったら、「今日さ〜私…うんこなんだ」とか 
「あなたうんこだよ!!」などと発言しているようです 
もちろん記憶はありません
んこ
2010/10/24 00:26
友人に、女の人に「うんこ」と言わせたがる人がいました。
彼は無事に「ちんちん」だの「たまたま」だの言ってくれる女性と結婚しました。
めでたしめでたし。
@miyamans
2010/10/24 05:05
犬人間さんは、子供の時に既にこんなにいろいろ考えていたのですね!結果は、兎も角、思考が凄いと思う。

前回のコメントのお返事、ありがとうございます。
参考にさせて頂きます。
m(_ _)m
猫二匹
2010/10/24 17:45
はじめまして!犬人間さんのブログ本当に楽しいです。
わたしもうんこうんこ言ってしまいます、高校生です…← 友達に「おまえうんこ好きすぎやろwwww」と言われます。
わたし、Rさん(ストーカーされたりする方の)が大好きです。笑 カッコイイです^^
では失礼しました。
はまだ
2010/10/24 21:42
うんこって言うの大好きです。
親が厳しく、小学生の頃はまじめにしてましたが、おもろいことなんてなんもなかったです。
もう、子どもはフリーうんこにするべきですね。

弟さんは今も恨んでいらっしゃるのでしょうか…?
Q
2010/10/24 22:44
そんな犬紙せんせいが好きです!
最高!
ヾ(⌒-⌒)ノ
N人間
2010/11/03 05:18
B珍さん
うんこの呪縛から解き放たれて、ゲームの主人公の名前がたいていうんことしてしまい、むしろうんこじゃないと感情移入できなくなってしまいました!!

異人さん
紙芝居・・・!

んこさん
それが、きっとんこさんの本質なのでしょうね!
私は酔っ払っうと逆に言わなくなる傾向にあります!

miyamansさん
めでたしめでたし
私もそんな男性と結婚しよーっと!

猫二匹さん
すごかないですよっ!
先生や親にほめてもらおうとする姑息なガキです!

はまださん
おお!高校生!!
Rちゃんは実際かっこいいよ〜!
若かりしころ大変な思いをした子は大人になるとその分しっかりした素晴らしい女性になるのです!

Qさん
弟は今一緒になってうんこうんこ言っております。
多分、忘却の彼方だと思います!

N人間さん
そんなN人間さんが好きです!!
犬山
2010/11/04 22:58
私がウンコウンコ言うようになったわけ。 犬山紙子のイラストエッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる