犬山紙子のイラストエッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 私の悪戯 こっくりさん

<<   作成日時 : 2010/10/05 23:07   >>

面白い ブログ気持玉 14 / トラックバック 0 / コメント 5


前回、おばあちゃんに悪戯した話を書きましたが、
それで思い出したのが、中学生のころやった悪戯。



今日はその話をしまーす。


あれは中学1年生、
まだ兵庫県に住んでたころのこと。


クラスの女子の間で

「こっくりさん」

が、なぜかはやっていた。








画像


女子3人、4人くらいが固まって、みんなでこっくりさんに
「将来何歳で結婚するか」

とか

「今好きな人とうまくいくか」

とか、そういうのを聞いては一喜一憂しているのである。

私は、当時からまったく心霊的なことを一切信じていなかったので
ずっと友達のこっくりさんの誘いを断っていた。



画像

ただし、女の子が固まってこっくりさんをやる、という絵面が面白かったので
横目でよく見ていたのだ。












画像

あの時、携帯を持っていたならば、その真剣な顔の写真をとりまくっていたであろう・・・・・。




「将来、私は誰と結婚しますか?」

という女子の問いに、こっくりさんは

「たかし」

と、その質問した女子の好きな男子の名前を答える。









画像

「えーーーーっ!!たかしって隆君のこと?めっちゃ嬉しいねんけど!」

と喜ぶ。

それを見ながら
「都合のいいこっくりさんだこと」

とか冷めた目で見る。

その次の女子もこっくりさんによると、
好きな男子と結ばれるっぽいしさ・・・・・・・・・




なんかみんなこっくりさんやってハッピーになってるんである。





なんだか女子の喜ぶ顔を見てたらどんどん悪戯心がわいてきた13歳の私。




「ねえ!私もやる!混ぜて!」

と混ぜてもらうことにした。



普段混ざらない私が混ざるということで友達は歓迎してくれた。

さて、いざこっくりさん開始である!



まず、まだ結婚相手の名前を聞いていない女子の

「結婚相手の名前はなんですか?」

の問い。
























画像


「た」























画像


「も」

























画像


「り」





思いっきり、私がタモリと動かしてやったのだ。

でも、その女子は真に受ける!

「え?ホンマにタモリ???タモリ結婚してなかったっけ?」

とか驚く。

周りの子はちょっと笑いながらも

「でもお金持ちだからいいやん!」

とか適当なことを言っている・・・・・・。






やべえ・・・・・・・・こっくりさん超楽しい・・・・・・・。


次のお題はこうだった。

「私の初めて付き合う人の名前は?」

みんなドキドキ。























画像


「よ」
























画像


「し」























画像


「え」


よしえ。その子のお母さんの名前にしてやった!

これはショックなのではないか。

でも、乙女のパワーはすごい!












「よしえ、じゃなくて、よしお、じゃない? ほら、えとおの間あたりやったし!」

天下のこっくりさんの回答をねじまげやがったのである・・・・・・!


みんなもそうだそうだ!
とか言い出して、結局、よしおということで落ち着いてしまった・・・・・・・。

くっ!

その後の2、3回は、変なのばかり続くと私が疑われるかもしれないので
周りに身をゆだねていた。




そして、私がお題を言う番に回ってきた!



「私の守護霊は誰ですか?」



自分の恋愛ネタじゃあ、あんまりおもしろくないなあ、と思ったので守護霊。
まったく興味はないけど守護霊をきいてみた。
























画像


「ぜ」
























画像


「う」
























画像


「す」


ゼウス。
神にしてみた。

「すごい!!!ゼウスがついてるって!!!」






























画像

「一番えらい神様やん!神の子なんちゃうん?」

日本の神様がゼウスって海外の神の名前を答えるものなのか?
とかそういう疑いはみなもたず、

私を神の子としてもてはやしてくれたのだ!

これは気分がいい。





どーでもいいが、これが私の初めての自作自演である。


その後、みんなも自分の守護霊が気になった模様。

うち二人には

「先祖」

「織田信長」

とまとも?っぽい回答にして、

一人は




























「ファミコン」

にしてみた。


ふぁみのところまできた時に


「ふぁみって・・・・・ファミリーってことかな?」


とか誰かがボソッとつぶやいたのが私のつぼにはまる!






画像


笑いをこらえるのに必死だった。










画像

しかし、ファミコン、とわかるとさすがにみんな爆笑した。

「ちょっと!Aの守護霊ファミコンやって!!!!ゲラゲラゲラ」

Aちゃんだけは
「ファミコンが守護霊っておかしいって!こっくりさん質問聞き間違えたんやって!」

と主張していた。







それから5個くらい質問をして私は大分飽きていた。


家に帰ってマリオカートしたいなあ・・・・・
とか思い始めていたのである。


でもみんな一向にやめようとしない。

恋愛のことや成績のことで聞きたいことだらけなのだ。




だから、強制終了させるために、みんながまだコインに指を置いているときに
結構な勢いで動かしてみた。





























「もうやめろ」




これでみんなやめるよね、と思った私がバカだった。
みんな異常に怖がり出したのである。





画像


「え、どうしよう!こっくりさん怒ってる!」

「これ、私たち呪われちゃうんやないの?」


「うわーん怖いよー!」



みんな心底こっくりさんを信じ込んでいたのだろう・・・・・


このみんなのこわがりっぷりにあせった私。

悪戯のつもりが、まじでびびらせてしまってはマズイ。

咄嗟に

「じゃあ、最後にこっくりさんに、どうしたら許してもらえるか聞いてみよう!」
と言っていた。




パニクってたみんなは私の意見に賛成。

怖がりながら最後の質問をする。


それまではこっくりさん、と言ってたのにいつのまにかみんな

こっくり様とよんでいた。





けど、咄嗟に言い出したことだから、私も答えを用意していなかった。

こっくりさんってキツネだっけ・・・・・

とかそういうことを思いながらやっていたら


























「きつねうどん」

と動かしていた・・・・・・・・。

でも、みんな救いを得た顔をしている!!!



「そうか!こっくり様ってキツネだから、きつねうどんを捧げたら許してくれるんだよ!」


「よかった〜」



「そうと決まったら、食堂行って早くきつねうどんを買ってこよう!」
















画像


女子たちは食堂にダッシュ。
みんな「これで許してもらえる!」とか言ってる


でも、私が言いだしっぺだからお金は私が払わなきゃな・・・・

うううおこづかいが・・・・・・・

と私だけ憂鬱である。



そして、学食できつねうどんを頼んだはいいけど、どこにどうやって捧げたらいいかみんなわからない。

そりゃそうだ。

ここでも10分くらいもめてたので
早くマリオカートしたい私は


「神様っぽいところでいいんじゃない?教室のマリア様の像の下とか」
と適当に提案。

私の行ってる中学はカトリックだったので、教室に1体ずつマリア像があったのだ。


そして


見事採用。







どうでもいいが、今までの人生でこの時が一番イニシアチブを取れていた。


宗教がごっちゃにもほどがあるけど、とりあえずマリア様の下において
みんなでお祈りをして、やっとみんな帰った。

























画像


私は一人残って、みんなが帰った後、そのきつねうどんを食べた。

だって自分の金で買ったきつねうどんである。

食べたいに決まってる。

うどん好きだし。


そしてこっくりさん騒動のことも頭から抜けて
満腹で帰り、家でマリオカートを弟と楽しんだ。










どうでもいいけど、海の面だけ弟に私勝てるんだよね。




そして、翌日・・・・・・・・・。



友達が「きつねうどんがなくなってるの!こっくりさんが食べたんだよね!奇跡じゃない??」


と嬉しそうに話しかけてきた。

みんな自分たちの起こした奇跡を自慢げにクラスメイトに言いふらしている。

みんなまだ子供だから結構それ信じるし・・・・・・・・・・。





そんなこんなで、私の悪戯は

奇跡

にまで上り詰めたわけである。



けど、さすがにもう騒動はいやなので今後一切こっくりさんには参加しなくなったとさ・・・・・・









お・わ・り




この1ヶ月あとくらいに、
「十円の後ろシャー芯くっつけて目隠ししてこっくりさんやってみなよ」

と提案。

もちろん、それまでとは違いめちゃくちゃな回a答が出た。

ので、みんなこっくりさんはやらなくなったとさ

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 14
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
Jの文字+UNKOの模型で孫の名前です。

中国のおみくじは、餃子型の木を投げてまず神様に「お願いに答えてくれますか?」と聞く。イエスと出たら、おみくじを引き、「これでいいですか?」と聞く。イエスと出るまで引き続ける。で、引いたものは漢詩になっていて印刷物ではあるけどかなりハッキリとイエス・ノーを答えてくれる。信じるかどうかは本人次第だけど。
今年の始めに聞いてみたら、「今年は仕事運が悪い」らしい。気に喰わなかったので三度引いたら三度とも悲惨な答え。で、四度目に引いたくじには「同じことを何度も聞いてどうする?」と言う意味の詩が。「そこまで言うかクソー」と思ったけど、それだけ断言されちゃしょうがない。
予言どおりあまり仕事運はよくないみたいだけど、来年またリベンジで聞いてみるつもり。
異人
2010/10/06 02:22
こっくりさん様こえぇぇ(。>_<)

そいえば、ファラオさんのなんだっけ。。。もうひとつの方のオシャレブログも読みたいな。笑


モバ毛
2010/10/06 20:59
今までで一番おもしろかったです。
一人で声に出して笑いました。

って書こうと思ったらパソコンが5回ぐらい固まりました。
こっくりさんは怖いですね。
めがね
2010/10/07 00:08
舐めてた飴を飲み込んでむせて涙出たくらい面白かったです。
ぱちくん
2010/10/07 12:10
そこまでして...!!笑
ありがとござますm(_禿_)m
期間限定なので三回メモりました(b・ヮ・)o


スイーツ楽しみでスイーーーツ☆

モバ毛
2010/10/07 22:00
私の悪戯 こっくりさん 犬山紙子のイラストエッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる