犬山紙子のイラストエッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東日本大震災。東京〜仙台

<<   作成日時 : 2011/03/20 00:34   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 51 / トラックバック 0 / コメント 4


みなさま、地震でとても大変だと思いますが体に変わりはないでしょうか?
このブログを読んでくださっている皆様が無事だと本当に嬉しいです。

私は、というと、やっとネット環境も整い、
生活はドタバタしていますが、一応落ち着いたのでブログを更新しようと思った次第です。

私の、地震からの1週間をこのブログに書いておこうと思ったのです。



私は実家の仙台と、一人暮らしの東京を行ったり来たりする生活を送っています。

なぜそんな生活をしているのか。

このブログでは今まで触れないようにしていたのですが、(かわいそうに、とか思われたくないのです)
今回地震のことを書くにあたって触れないと話がおかしくなってしまうので、ここでその理由を書くことにします。


私は、実家の仙台で病気の母の介護をしているのです。

幸い、兄弟が3人いるので、兄弟で日程を決めて、他の兄弟が介護している間に私が東京に出る。
そんな感じで結構お気楽な介護生活を送っていたのです。

介護自体も、好きな人と犬に囲まれての介護だから全くストレスはなし。

本当にお気楽人生を送っていたのである。


え?ニートなのに東京になんで行くのか?って



お酒を飲んだり友達と遊んだりお酒を飲んだり買い物したり文章の仕事をしようとするためである。

まあ、お気楽な生活を送っているのである。

まあ、そんなこんなで地震当日、私は東京にいた。

仙台には姉がおり、東京には私と弟がいたのである。


弟が隣の友達の家に遊びにいってたので私は一人で漫画(どおくまんぷろの)を読んでいた。



グラグラグラ!

と急に家がゆれ出した。


しかし、私は「まーすぐおさまるだろー」
とのん気に構えていた。

何の自慢でもないが、阪神大震災、新潟県中越地震、宮城県南部地震、と3つのでかい地震を経験している私は地震慣れしていたのである。
(関係ないけど、新潟県中越地震は旅行に行った日に地震だったのだ。次の日菊花賞で競馬を見に行き、三千円すったのとセットの思い出)


しかしぜんぜん収まらない、東京の家がボロアパートということもあり、かなり怖い。

こりゃやばいんじゃないか、と思い逃げようとした。
ツイッターにも

「こわいこわいこわ」
と呟いている。

最後の「い」を書き忘れているあたり慌てているようにも思えるが、ツイッターで呟く余裕はあったということか。


隣の部屋で遊んでいる弟も心配である。
外にでて



画像



「弟ー!!」

とでかい声で叫ぶ
(関係ないが、父は阪神大震災のとき、子供ー!と叫んでいた。3人の名前を呼ぶより効率的である。)


























画像


「紙子おねーちゃーん!」
弟、もうすでに道路に友達と非難しており、下から手を振ってやがる・・・・・・・・・・

階段を駆け下り、弟の下に合流。

「何であんた逃げる時私を誘わないんだ!」
と怒ると、
























画像

「寝てるのを起こすな!って怒られると思った」

とかぬかした・・・・・・・。

(弟の髪型はこのリア充アルパカと同じである。サイドかり上げアシンメトリー。ちょいちょい金髪)

地震より、姉の怒りが怖いのか、この弟は・・・・・・・・。


外に出ると少し安心したが、この時何故か




画像

「震源、宮城とかじゃないのかな・・・・・・・」
と変な勘が働いた。

まあ、勘というよりは、こういう非常時は病気のお母さんが真っ先に頭に浮かぶので、
震源が宮城じゃなきゃいいけど
というそういう気持ちか。

道路で震源を調べるべく、ツイッターを開く。








・・・・・・・・・・震源が宮城だった・・・・・・・・・・・。

こういう悪い予感ほど何故か当たるのはなんでだろう・・・・・・・・・・・・・

即行姉に電話をするも、もちろん通じない。

そのうちゆれが収まったので、弟と、弟の友達のテレビのある部屋に3人で身を寄せることにした。


この時は
「地震は大きかったけど家は大丈夫だろう」
なんて思っていた。
今まで地震にあっては大丈夫だったから、経験からそう思ったのだ。








画像

しかしテレビをつけると信じられない光景がそこには広がっていた。


私の良く知っている場所がどんどん津波に流されている。

初めてコロッケと一緒に行った海

家族で食べに行ったおすし屋さん

大学の時に女4人でドライブがてら行った海・・・・・



こんな光景、信じられない。
ゲームでも漫画でもこんな悲惨な光景を見たことない。


・・・・・・・・・・よく知っている、だけではない。
家のかなり近くが津波に襲われているではないか!!!!!!!!



家は高台にあるから、大丈夫だよね・・・・・・・

そう思おうとするも実家に残っている姉と母親とコロッケを思うと心配でたまらない。



画像

神様、どうか家を守ってください

と、なんの神様かわからないけどずっと祈っていた。

頭には何故か桃鉄の、火山が爆発したときの曲が流れていた。

(ドゥドゥッドゥッドゥ ドゥッドゥッドゥ チャーラーラーラーラ ね。)

こんなときもゲームなのが情けない・・・・・・。



電話やメールがダメならツイッターはどうだろう?
ツイッターのTLは普通に流れていたから、ネットがつながっていたら仙台でも連絡がとれるがずだ。

姉のツイッターのアカウント宛にリプライやメッセージを送りまくる。

待つ事30分、なんと姉から返事がきた。




























画像

「今、確定申告をしに、車で仙台市街に出てた。車がめっちゃ混んでて家にぜんぜんつかへん。家に電話をしたら、一応家は大丈夫らしい。」






なんと姉、家にいなかった・・・・・・・・・・。
家には寝たきりの母とヘルパーさんとコロッケだけなのだ・・・・・・。

しかし、姉と家は大丈夫、とのことで一安心。
最悪の事にはならなかたようだ・・・・・。

ほっとして少し張り詰めていた気持ちが緩んだ。



























しかし、それも5分と持たなかった。

ヘルパーさんって姉が帰ってくるまでいてくれるっけ・・・・・・・



え・・・・・・?東北地区停電・・・・・・・・・・・??????
























画像

お母さんが危ない!!!!!

停電したら呼吸器と吸引機が使えない!!!!!!!


きっと被災した、重度の患者を抱える自宅介護の人たちはみな、私と同じことを思ったはずだ。

地震に耐え、津波に巻き込まれなくても、電源がないとお母さんは非常に危険な状態になる。

家に呼びの酸素ボンベはたった一つだけ。

もって3時間。
吸引はどうにもできない。



姉からツイッターで連絡が来た。


「119に連絡して。急遽電源、または酸素の確保が必要。吸引は口ですってるけど限界がある。または、どこか電源のあるところに移動したい。」


この大災害の中、119に果たして連絡つくの?

東京から119に連絡しても仙台の案件に対応してくれるの?

電源のあるところなんてあるの?

病院だとこういうときのために予備電源持ってるはずだけど、病院、受け入れてくれるの?

て、いうかどこの病院が電源生きてて受け入れ対応しているの?

それを電話で確かめる事もできなくない??????



























頭の中、ぽぽぽぽーん!である。

さて、私、お母さん、姉、あと弟、あと、父どうなる???

次回に続きます!



ちなみにこれが私の地震の前日の呟き。


























画像


何言ってるかわかんないけど、もしかしたら地震を予言する呟きだったのかもしれない・・・・・・・・





コロッケの写真。
画像




まつげワヌ。

























ぽぽぽぽーん!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 51
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
お母さん無事だったのだね!よかった〜!
うちは昨日から水道が復旧したよ!
屋根瓦や塀が壊れたけど、ワンコも皆無事だったよ。
きみは今TOKIOかい?
necoyan
2011/03/20 22:35
本当に、無事でよかった。
でも相変わらず、臨場感のある描写だなあ。
この才能に気づいてるの、決して私だけではないはず。
あと親孝行の人には幸福が訪れてほしい。
異人
2011/03/21 22:16
はじめまして。
昨日このブログを発見したのですが、お世辞抜きでこんなに読み進めていくのが楽しいブログは初めてです!
犬山さんの視点というか、考え方がツボです。

地震で大変だと思いますが、少しでも早く犬山さん御家族(コロッケさん)が、安心して元の生活を送れることを願っています。
ミカ
2011/03/23 15:58
ネコヤン
ねこやーん!ねこやんも無事のようでほっとしたよ!
互いにコロッケとじゅんちゃんという宝を守ろうぜ!

異人さん
私は今十分幸福ですよ!
ありがとう!

ミカさん
ありがとうございます!
今後も頑張ってこうしんするぞー!
犬山
2011/04/22 01:00
東日本大震災。東京〜仙台 犬山紙子のイラストエッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる