犬山紙子のイラストエッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS ドラクエ5とMOTHER2と犬山とお母さん

<<   作成日時 : 2012/08/24 04:45   >>

ナイス ブログ気持玉 475 / トラックバック 0 / コメント 29



MOTHER2とドラクエ5は普段RPGにストーリーを求めない私が
ストーリーに痺れて大好きになったゲーム。

どちらも共通のテーマとして家族が描かれているんだけど、
お涙頂戴では済まされない、シナリオを作った人がテーマに真摯に向き合って作ったものだと感じているのです。


なので今日は少し私のプライベートも混ぜてこの2つのゲームについて語ろうと思います。

ゲームのネタバレ含むのでこれからやろうと思ってる人は読まないほうが良いです。




まず、ドラクエ5。

こんな台詞があります。

「坊や お父さんを 大切にしてあげるんだよ」



これは幼少期の主人公に、大人になった(父親になった)未来の主人公がタイムスリップして話しかけた言葉。

主人公の父親パパスは、この後小さな主人公を守ろうとして洞窟で命を落とすんですね。

でも、よく考えてみると。

もし、タイムスリップすることが出来たら、普通は

「坊や、あの洞窟には 行ってはいけない」
と言うと思うんですよ。

あの洞窟にさえ行かなければお父さんは命を落とさずにすんだのに!
ってまずは思うじゃないですか。

後悔ばかりが頭にこびりついて、あの時、ああしてればって人は悩むものですよね。

でも、この主人公は自分が父親になったこともあり
運命を受け入れて悟っているんですよね。


後悔って、
「あの時ああしていたら」
なんて一つのことだけでは片付かない問題なんですよね。
普段の自分の姿勢から、考え方から、何から何まで因果関係があって、物事は起こる。


だから、この大人になった主人公が過去の自分に語りかける言葉として、
これ以上ない素晴らしい言葉だと思うんですよ。


「お父さんを大切にする」は、洞窟に行くなより、圧倒的に正しいんですね。




実は、私はこの台詞が非常にしみる状況にいます。
前にもブログでチラッと書いたのですが、
私は今病気の母親の介護をしています。

20歳のころからずっと介護をしており、今は姉が同居しているので私は月に10日だけだけど、実家に戻って介護をしているのです。

母は原因不明の進行性の病気をわずらい、4年前に更に脳出血を起こし、寝たきりの状況になってしまったのですが、
私は母が脳出血を起こしたときに隣にいました。



その日私はお見舞いに来ていた親戚(母の甥っ子)とおばあちゃんと母と一緒に、
車椅子でショッピングモールに行きました。

大阪から来たおばあちゃんと大好きな甥っ子と一緒で母はとても嬉しそうでした。

上手く食べるのも難しい病気でしたがみんなでニコニコ笑いながら母の好きなピザを食べて、

「せっかく仙台まで来てくれたんだから」と

おばあちゃん達に母がお土産を一生懸命見繕いました。

母の病気は血圧の変動が激しく、食後は一気に血圧が下がるのですが、

それも忘れるぐらい嬉しかった母は車椅子で一生懸命、美味しい笹かまぼことちくわを選んでいました。

そして
家に戻り、母のリハビリの先生が来たので、
リビングにみんな集まって、私は親戚と桃鉄をやり、
母はその隣でリクライニングチェアに座りながらリハビリをして、

終わったらDSを取り出し、リハビリの先生に「一緒にやろう」
と脳トレを差し出していました。

母は病気になってからDSで脳トレや動体視力を鍛えるソフト、あとはニンテンドッグスを始めていました。

私も一緒になってよくやっていたのですが、
母は脳トレを毎日毎日飽きもせずやっていたのです。

そろばんが得意な母は暗算問題が上手で、私達をコテンパにしていました。

DSをみんなでやるっていうのは、

持ってる自分が中心となり、
みんなで
「あーっ!惜しい」「やった!クリアした!」等感覚も共有できる、

病気で体を動かしにくい母にとってみたらすごく楽しいひと時だったんだろうなあ、と今になって思います。


でも当事の私はそんなことはあまりわからず、

単純にゲームにハマっているのかな、ぐらいにしか捉えてなかったんですね。


そして、そんな母に私は


「リハビリの先生も忙しいから、DSは我慢しよ」

と言ってDSは却下してリハビリの先生に帰ってもらいました。


そして、その直後母は急に大きないびきをかきはじめ、

最初
「なんだろう? 普段とは違ういびきだなあ」
と思ったのですが、怖くなり、母を起こそうとしても全く起きない。
目も開けないし返事もしない。

半狂乱になりながら私は救急車を呼んだのでした。



幸い、救急車がすぐきてくれたのと、
早めに気付いたことで一命は取り留めましたが、
(母は一人には絶対にしないようにしていましたが、これが深夜寝ている間だったらと思うとすごく怖い)

脳出血でした。









もともと、病気による血圧の変動で、脳の毛細血管に非常に負担がかかっていたのが限界だったようです。

でも、私はその後、後悔にすごくとらわれました。


なんで、食事の後もっと休ませてあげなかったんだろう









なんで、いつもと違ういびきとわかってたのに、ただ寝てると思ったんだろう




もっと対応が早ければ病状はもっとマシだったかもしれない













なんで、あの時DSで遊ばなかったんだろう













DSを私が断った後の母の寂しそうな顔が私の脳裏に焼きついて離れない。





私はあの時こうしてれば、
ああしてれば、

そればっかりグルグルグルグル



























でも、今、4年経ち、あのころの自分に言えるのはまさに最初のドラクエの言葉と同じく



「おかあさんを大切にしてあげてね」

だけなんです。


「もっと早く救急車呼べ」でも「DSやれ」
でもなく


「おかあさんを大切にしてあげてね」
です。




私のお母さんは寝たきりになってしまったし、話すこともできないし、食事することもできないけど
毎日笑顔で今も過ごしてくれているから私なりに受け入れることができてきたんですね。

私があの時どんな行動をとっていても、きっと起こるものは起きて、
それより、その後母と一緒に過ごした4年間が愛おしい4年間で、

だからこういう結論に至ったわけです。

細かいことよりシンプルに、でも一番の自分の軸となる気持ちをちゃんと持っているのが一番で、
母を大切にするということが私にとっては一番大事なことなのです。



母を大切に思っていたら、もっと母の気持ちに気付けただろうなあ、

介護の慣れ、母といることの慣れで生じた油断が一番恐ろしいのです。




だから
やっぱり5年後の自分が今の自分に対する言葉も


「お母さんを大切にしてあげてね」
だと思うんです。



最近、仕事をはじめ前のように介護に時間を割くことが出来ず、
月20日間介護していたのも月10日になってしまい、
その葛藤と戦っているところですが、

私が仕事をするのを母は喜んでくれているようで、
私が出たテレビなんかを見せるとニコニコニコニコずーっと笑ってくれるんです。

なんだかふざけたことばかりしゃべってる私でも嬉しそうに見てくれるんですね。



で、話は急にMOTHER2に変わります。


MOTHER2は、主人公が母親に一定期間以上電話をしないと

ホームシックにかかってしまい、
バトルのときに、お母さんが恋しくなってしまった
などと行動がキャンセルされる事態が勃発します。




これもね、
適当じゃなくて、真に迫った設定だと思うのです。

私は、急にアウェーなところで仕事をする機械が増えたのですが、
すると仕事終わりに勝手にボロボロ涙が出ると言う事態に陥ったことがあります。


今頃ここで言うのもあれですが、
イベントのときに人前で笑うのがどうしても難しくなって、
イベント終わってすぐ帰っちゃったりしたこともあります。


そんな時は頭の中で

「お母さんお母さんお母さん」
と叫んでるのです。


今まで家族の中でヌクヌク育ってきた私が、急に社会の中に入って
急激にホームシックにかかったのです。
絶対的に自分の味方であるお母さんの横に行って、甘えたい。
それしか頭になかったような気がします。


今は心のバランスも取れたし、実家に月10日帰る分でしっかりお母さんに甘えているので大丈夫なのですが、
右も左もわからない頃は、まさにホームシックが仕事に影響する状態でした。



それだけ、母親が絶対的な存在で、
逆に言えば、そんなアウェーでも母親とつながっていれば乗り越えられるんですね。


MOTHER2の、ホームシックの設定はもちろん、

ラスボスを倒す最後の1撃が

(超ネタバレですよ)

























母親、家族の祈りっていうのが、

お涙頂戴でもなく、クサイ演出でもなく、
物事の本質をついていると思うのです。


そんなわけでまだまだ書き足りないこともあるし、母についてはこんなもんで終わるわけない気持ちやらを抱えていますが、
ドラクエ5とMOTHER2は素晴らしいという話でした。



月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 475
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(29件)

内 容 ニックネーム/日時
ゲームで色々気がついたり、改めて思うことがあるもんなんですね。
ブログ見て私もたくさん犬先生に笑わせてもらってるんでっせ。ありがたやー
これからも犬先生のまわりにたくさん笑顔があります様に
(もちろん、下品な笑いも含む意味で!)
レギンス
2012/08/24 06:21
うちの母はまだ健在だけど、来るべき日のことを考えて胸が苦しくなりました。最近犬山さんのブログを読み初めたばかりなので、ふざけた話ばかりなのかと思っていたら、不覚にもじ〜んと来てしまった(;_;)
さなえ
2012/08/24 10:23
ファン歴の浅い私でも、メディア・雑誌などでご活躍される犬山様のお姿を拝見したらとても嬉しいので。
犬山様が生まれた時からのファンのお母様だと大変喜ばしいでしょうし、元気の源であると思われます。
先生。思い切りご活躍されて下さい。介護の日数でご自身を責められることの無いよう。
ブログも1つ1つ丁寧に思いを書かれているから頻繁に書けないのは承知しております。
無理だけはなさらないよう。
ファンはいつでも先生のファンです
こしばや
2012/08/24 13:32
いつも楽しく拝読しています。

私は犬山さんと同年代ですが、母に対してそう思えたことはありません。
早々から実家を離れておるのもあるかもしれませんが、、、

ですので、母親を愛せる方って、すごいと思います。
no name
2012/08/24 17:46
またいつかお母さんとのお話しを聞かせて下さいね(^^)

今日の話しで、父親のことを思い出しました。
自分は父親とは折り合いが悪く死んだら頭を蹴飛ばしてやりたいって思うくらい憎んでいました。
しかし、大病を患い数年後に亡くなりました。お葬式が終わり遺品を整理しているとノートが出てきました。父親が大嫌いな自分でも達筆だと思う字が日に日に乱れていき読みにくくなり更に読めなくなり、更にはぐちゃぐちゃの線になりました。
そこまでしても言いたいこと、伝えたいこと、聞いてもらいたいことがあったのかなって思うと涙が止まりませんでした。
大嫌いな父親なのに何故?
今でもわかりません。
そして、今でも父親のことは好きにはなれません。
ただ、大嫌いでもいいから、もっともっと、いっぱい大切すれば良かったと後悔しています。
自分の周りにも父親や母親と折り合いが悪い友人がいます。
その人たちには自分が経験して感じたことを話して、親が大嫌いなら大嫌いなままでいいから、とにかく大切にしろ!!って言ってます。

これだけ大嫌いな気持ちがあるんだから、最初は同じくらい大好きだったんだと思います(たぶん)。


犬山さん、犬山さんが素敵なのは、お母さんが素敵だからだったんですね!
これからも仲良し母娘でいて下さいねo(^-^)o
こぢろぅ
2012/08/24 19:40
洞窟を大切にするよって なぜなにシート
清水春雄DQN
2012/08/24 21:41
言葉を使い仕事をする犬山さん。
言葉の持つ力を信じている人だと思っています。
愛する母、かつては言葉をかけて育ててくれたその人が言葉を発せない、その事に対峙する事は精神的にどれ程
の事かと想像します。
今こうして負け美女記事を書かれている犬山さんのこの
言葉は犬山さんご自身の研鑽によって産まれている文書ですが、そのはじまりはきっと世界で一番始めにお母様から受けた一言からでしょうか。
お母様からの愛のはじまりが今、犬山さんからお母様へ向けられた愛の形となり大切に思われている、
その事に愛しさと切なさと心強さを感じました。
介護生活は人間の生死に向き合う孤独な事ですが、ご自身を責めることなく。
私は母親になりよりそう思います。
子供には私の事で泣いたり苦しんだりしてもらいたくないというのが変わらない願いだと思います。
はじめまして
2012/08/24 23:25
何をするか、と言うよりも普段から家族を大切にしようという気持ちを心の軸にキチンと置いて家族と接することが大切なんですね。その気持ちがあればこそ、相手の気持ちに気付くことも出来る。家族を大切にしよう、と思ったのと同時に懐かしいMOTHER2がやりたくなりました。
MOTHER2は本当にリアルなゲームですよね。ギーグ戦のために未来へ行ったらもう帰れない所とか。祈る、という戦い方もいい。子供の頃は、ラスボスなのに簡単に勝てるなぁ、としか思いませんでしたが。
たち
2012/08/24 23:25
私の母親は片耳が聞こえなくなったのですが、それは間接的であれ私は自分のせいだとずっと後悔していました。変えられないのは理解してても「どうしてあの時」と後悔して後悔して。でも…この記事を読んで私も「お母さんを大切にする」の言葉を思い出して、噛み締めて行こうと思いました。今、その大事な軸を思い出せて良かった。お話を読めて感謝です。
杉ひらめ
2012/08/25 03:34
仕事と介護の両立はなにかと大変だと思いますが、お母さんはもちろんですが、御自身の体もお大事になさって下さい。

P・S
ドラクエ5、ボクも熱中しました。
「ひとしこのみ」で会心の一撃ですね、ハイ。
たま
2012/08/25 20:15
掘れそうになりました。惚の誤変換です。
rinko
2012/08/26 06:41
お母さんもお父さんも大切にします。

MOTHER2は面白い。異議なし。
gosal_toshi
2012/08/27 13:06
私もmother2、ドラクエ5大好きです。
状況は少し違いますが、母を、そして父をとにかく大切にしていきたいと思います。そして先日、とある失敗をしてしまいました。親のためにも何としても成功させようと思っていたことでした。失敗し、自暴自棄になりかけていた私ですが、改めて親のためにも頑張ろうと思います。
勿論、下衆な話、ネタ等は大好きですよwww。
ぐっさん
2012/08/27 21:08
お母さんを大事にね・・とても共感出来る。
偽りのトルネコ
2012/08/28 07:26
私の母は亡くなっています。私も数年前の自分に言いたい言葉でした。泣きました。犬山さんやっぱり大好き
ころ
2012/08/28 20:51
コメントくださったみなさま、ありがとうございます。家庭環境は人それぞれなので無理強いはできないけど、でもみなさん両親を大切にされてる感じがしてジーンと私のほうが感動しております。
いぬやま
2012/08/31 13:47
結構飲んだ♪
寝る〜
頑張ってね(^_^)
てる
2012/09/01 23:46
昨年 父を亡くしました。
人一倍 エネルギーにあふれ
大変厳しくもあり、愛情深い父でした。
なんで もっと早く病気に気づいてあげられなかったのか
後悔しないわけはありません。
時には厳しくしかられたり、
注がれる愛情を うっとうしいと思ったりしてきたけど。
絶対的な存在を失った直後は
悲しみを通り越して 生きていくことに恐怖さえ感じました。
すべてが無になってしまいました。

大切にしてください。

犬山さんの下衆い話、大好き。




2012/09/02 02:14
こんちわです!!犬山さんって香水何使ってるんですか?
カルマ
2012/09/03 16:15
号泣してます。犬山さんの、感じ、はなにからくるものなんだろう、って思ってて、うまく言えないのですが、なんかしっくりしました。
私はいい年して実家暮らしで、なぜ家を出ない、と非難めいて言われることがあります。親の事大好きで、一緒に居たいのに、そばにいるのは悪いことなのか?と思う時があります。このブログを読んで、ちょっとほっとしました。
ありがとうございます。
aaa
2012/09/05 16:17
犬山さんのお母さんは幸せだと思います。

お姉さんも。

介護をする立場であれば、一番辛いのは周りに助けてくれる、気遣ってくれる人がいない事だと思うからです。

皆がお母さんを大切に思って、誰か一人に負担を押し付けるという状況ではない事が幸せな事だと思います。

itaya
2012/09/14 00:07
いつも通りのお話かと思ったら…泣いてしまいました。
親元を離れてだいぶ経ちホームシックになる事も減ってきましたが、今とても母に会いたいです。
めいめい
2012/09/15 23:30
涙がとまらなくなりました。
両親に会いたくなりました。
犬山さん、ありがとう、いつも応援してます。
げん
2012/09/21 13:31
涙がこぼれました。
私の母はまだ元気ですが、最近両親がいつ倒れるかわからないなって頻繁に考えているからです。

犬山さんの話大好きです!特に痛い男の話のツッコミが好きです笑
これからも応援してますね(^^)
ゆとりの大学生
2012/09/28 04:48
うちの母方のばーさんが亡くなる前数年間寝たきりでした。うちの母が介護していたのですが、会話できなくなる・食事も管でしかできなくなる直前、ばーさんがりんごを食べたがったのを、母が「明日ね」って言ったのを、ずーっと後悔してました・・「なんであの時食べさせてあげなかったんだろう」って。

でも、過去に戻って言うとしたら「りんご食べさせてやれ」じゃなくて「大事にしてあげてね」だよなーって。

私は家族と離れて暮らしていますが、後悔のないように大事にしていきたいと思います。

OL
2012/10/04 12:39
初めてコメントを書きます。

僕のお母さんはついこのあいだ視神経に悪性腫瘍ができてしまい、日に日に光を失っています。病院の治療もしんどそうで、もう生きる希望がないと呟いていました。
お母さんが入院する前は思春期の恥ずかしさを引きずってお母さんに優しくしてやれなかった自分を毎日呪っています。入院してからは毎日病院に行ってそれまでしなかった自分の話をしています。段々光を失って、徐徐に髪が薄くなって、会話に元気が無くなっていく母を見るのはとてもつらいです。
本当になんでこうなる前から優しくしてあげられなかったんだろう。お母さんが大好きなのに、本当にごめんなさい。
お母さんに何もしてあげられない。つらいよね、苦しいよね。代わってあげたい。お母さん、本当にごめんなさい。
けいじ
2012/10/14 21:19
ドラクエ5の「坊やお父さんを大切にするんだよ」ってセリフで検索してきたんですがなんとも言えない悲しい気持ちになりました。
私も家族を大切にしたいものです。
ななし
2013/01/20 20:55
私も今、実家を離れて一人暮らしをしています。
一人になって六年にもなります。
仕事も順調で、友達も彼氏もいて恵まれた日々だと思います。
でも一人でお風呂に入ってるとき、料理をしてるとき、寝るとき、
ふとした時に急にお母さんが恋しくなって「お母さん、、」と、つぶやくようになりました。

離れて六年たつけどやっぱりさみしさは変わらないですね。
仕事でなかなか会えないけど、会えた時はいっぱい甘えようと思っています。

クラッシュ
2013/02/02 07:22
犬山さんの記事、みなさんのコメントを読んで涙が止まらなくなりました。
私の母も癌を患い末期の状態です。
日に日に痩せ細り、食べ物も食べられず、自力で立つこともできなくなり、言葉数も少なくなり、見ていてかわいそうで仕方ありません。
あんなに辛い治療も弱音を吐かず耐えてきたのに、こんなことになってしまうなんて…

それでも私が会いに行くと、母はいつでも笑顔を見せてくれます。
先日医師に、間もなく母は意識障害(わからなくなる・性格が変わるなど)が出るだろうと告げられました。

あの笑顔を見られなくなるかもしれないと思うと怖くてたまらないです。
胸が苦しくて張り裂けそうです。

でもここにいるみなさん、それぞれお辛い事情を抱えていらっしゃるんですね。
今日ここに来たおかげで少し孤独感が薄れました。

精一杯大切にします。
愛します。

みたん
2013/02/10 01:11
ドラクエ5とMOTHER2と犬山とお母さん 犬山紙子のイラストエッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる