犬山紙子のイラストエッセイ

アクセスカウンタ

zoom RSS 中学時代、ラブレターを貰った話

<<   作成日時 : 2014/01/25 22:53   >>

面白い ブログ気持玉 133 / トラックバック 1 / コメント 0




画像

クゥーーーン!!!!

最近見かけたすこぶるかわいい犬でこんにちは!!!



なんだこいつは!???











ワンチャン
(wang chang)だ!!!!!










画像

ウヒョー!!!





その頃のうちのコロ君


画像


「ワヌ〜」




さて、今日は久しぶりに過去の話でも書こうと思う。
そろそろバレンタインなので、昔のほろ苦い恋愛がらみのエピソードでも・・・・・


当時流行ってた曲を貼っとくのでこれでも聞きながら読んでくださいな

http://www.youtube.com/watch?v=NkMBrOctkPU






犬山は中2の途中で引っ越すまで、共学の中学校に通っていた。

JCなんて言葉はもちろんない、孫ギャルってことばすらなかった時代だ。

犬山はどこにでも転がってるイモ中学生であった。

前髪は頑張ってトサカってたけど、それでもどう見てもイモい子供だったのである。

(今思い出してもあんな奇怪な髪型が流行ったのって後にも先にもあれだけじゃないだろうか…)




もちろん、彼氏もおらず

(引っ越し先では、昔彼氏がいたという設定にはしたけど)


kinkikidsに夢中であったが、

でも、いつか彼氏とか欲しいなあとか考えたりしていた。
いつかって言うか、今すぐにでも欲しいと考えたりしていた。

まあ、そんなことは思ってるだけの恋愛ムッツリであり、
結局毎日女友達と堂本剛の話しかしていなかったのである。


そんなイモ中学生だったある日、























画像

机に手紙が入っているではありませんか。


おおお!!!

しかも手紙の折り方が複雑じゃない。


当時の女子同士の手紙のやり取りはやたらと複雑におられており、
ハートやら、シャツの形やらそれは凄かったのである。

こういうの↓
http://www.andows.com/blog/archives/category/cat_00_tegami.php?page=all

あれはれっきとしたJCアートだったと今となれば思うのだけど、あの文化は今のJCにちゃんと語り継がれているのでしょうか。

まあ、そんなことは良い。

複雑なおり方じゃないという事は男子!

とにかく私に男子から手紙が届いていたのだ。






















画像


ドキドキドキドキドキ・・・・・・・・・・!!!!

その瞬間から私は心臓なりまくり。
いつもと同じ教室が、急に一個フィルターがかかったように見えて、
妙に同級生の声が頭に響く。




手紙を開く。
























「犬山さん好きです。今日の放課後体育館の裏に来てくれませんか?」


マジかよ!!!!!

ドラマとかで見たまんまのやつや!!!!

でも、差出人の名前が書いていない。

でも、私の事を好きな男子が1人クラスにいることは確実だ。
それだけでもう、天変地異。

大げさでなく世界が変わったのである。

ウッヒョー!!!

そのまま授業が始まり、私はドキドキしながら放課後まで待つのである…。
























1時間目

とにかくずっとドキドキ。
けど、私よりこの手紙の差出人のほうがドキドキしている筈なのである。

ああ、私の事「女子」として好いてくれてる人がいるなんて。





2時間目

もう、誰からなのか知りたくてたまらない。

男子の方をチラッチラッと見てしまう。





2時間目休み時間





画像


当時の親友に自慢



3時間目


ちょっと冷静になる。

そもそも名前がないって変じゃないだろうか。
告白に体育館裏って書いてあるけど、裏とは言えあんな人目につくとこ設定する?




















「イタズラの可能性がなくもない」

と頭によぎるが、まだ、自分の事が好きな男子がいると可能性の方が70%くらいだろうと思いなおす。

でも、イタズラだったらたまらない。
一応イタズラしそうなクラスの中心グループの男子の方をチェックする。

(世界史の時間に万元戸をわざとまんこと読むような最悪グループだ!!!!)





















画像

私の方を見てニヤニヤしながら友達と目配せしてやがる!!!!!!!!!!!!!!!









昼休み























画像


タイマン


(泣きながら)
(呼び出した)





















勝利

(タマキン蹴った)

「すいません、もう2度としません」を無理やり10回言わせて解放。
女心を語ろうとも思ったがそれすらも癪だったのである。
多分あっちはただのイタズラだと思ってるけど、こっちにしてみたら世界が変わるほどのショックだったのだ。

しょうもないイタズラに自分が傷ついてるという所も見せたくはない。

さて、悲しいけれどこれでこの話は終わり・・・・




ではない。








放課後

自慢した親友に対して非常に気まずい!!!!!


画像



自慢したことは置いといて、被害者アピールで難を逃れたのであった…








終わり。


今でもあの時金玉をけっといてよかったと思っています。





資生堂ビューティーチェック、水分診断始まりましたー!

あなたは何ガール?
やってみてねー!

http://www.shiseido.co.jp/check/shindan/dry/


ハロマグのお悩み相談更新されております!
見てね!

http://www.hellomag.jp/column/2014/01/m429.html


そして、バレンタインということでPARCOのバレンタイン企画

「イラスト恋みくじ」
をなゆゆと担当しましたー!
http://parco.jp/valentine14/omikuji/


良かったらおみくじ引いてみて下さいな!

実際に2月7日からパルコでおみくじひくこともできるのでそちらもひいてみてね!


その他告知などは随時twitterでやっております。
https://twitter.com/inuningen





次回、新刊の発表致します!!!!

なんと今回は・・・・


臨死!江古田ちゃんの作者

瀧波ユカリ先生との対談本!!!!!



「女は笑顔で殴りあう〜マウンティング女子の実態〜」

であります!!!

次回しっかりこの本について解説しやすぜ!
こうご期待!!!!



amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 女は笑顔で殴りあう:マウンティング女子の実態 (単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



もう予約始まっております!


テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 133
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人気脱毛サロン口コミ
薄着になる季節がちかづくと脱毛サロンの予約がとれなくなりますよ。評判の良い脱毛サロンの予約が取れやすいいまがチャンス! ...続きを見る
人気脱毛サロン口コミ
2014/04/16 21:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文
中学時代、ラブレターを貰った話 犬山紙子のイラストエッセイ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる